プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


オプション取引とは
オプション取引で売買されるもの
商品先物取引では(反対売買をして商品を手元に残さないにしても)将来ある価格で商品を売買する約束をするので、取引するのは商品そのものです。ところが、オプション取引では「ある金融商品をあらかじめ決めておいた価格で売買する権利」を売買します。つまり、オプション取引では株式や為替などを取引する権利を売買するのです。

オプション取引の例
たとえば、現在一株1,000円の株式を100株買いたいとします。しかし、6ヵ月後の価格は上がっているか下がっているかわかりません。先物取引であれば、「6ヵ月後に一株1,000円で買う」という約束をするところですが、オプション取引では「6ヵ月後に一株1,000円で購入する権利」を買います。
6ヵ月後、株価が一株1,200円に上がっていれば「1,000円で購入する権利」を行使して1,000円で買うことができますし、800円に下がっていれば「1,000円で購入する権利」を放棄して通常の株式市場で800円で購入すればいいわけです。ただし、権利を行使しないのであれば、権利を購入するために支払った権利料(オプション・プレミアム)の分、損をすることになります。

オプション・プレミアムとは
オプション・プレミアムはひとつの商品でも一定に決まっているわけではなく、対象となる金融商品(原資産)の価格や値動きの大きさ(ボラティリティ)、満期までの期間などによって常に変動します。ボラティリティが大きいと将来大きな利益になることも損失になることもありえるのでプレミアムは高く、小さければプレミアムは低くなります。また、オプションは先物取引と同じように反対売買ができるので、プレミアムの変動を利用して差益を狙う取引をすることも可能です。

コールオプションとプットオプション
オプション取引では、「商品を買う権利」である「コールオプション」と、「商品を売る権利」である「プットオプション」があります。また、あらかじめ取り決める将来の売買価格のことを「行使価格」と呼びます。
上に挙げた例で言えば、「1,000円で購入する権利」を買うとコールオプションの買い、「1,000円」が行使価格ということです。反対に、いま持っている株式を将来「1,000円で売却する権利」を買ったとしたらプットオプションの買いということになります。

オプション商品の例
・カバード・ワラント
株式のオプション取引で、特に個人でも取引しやすいよう小口に証券化した商品のことです。

・キャップ付ローン
支払い金利の上限(キャップ)が設定されている変動金利型の住宅ローン。金利のコールオプションの買いが組み込まれていますから、金利があらかじめ決められた水準より上がるとその分を受け取ることができ、実質的に利息に上限が付くことになります。支払利息は変動金利よりは高く長期固定金利よりは低くなりますが、金利上昇リスクをヘッジすることができます。

・株価指数オプション
日経平均株価指数やTOPIXを対象とするオプションです。日経平均株価指数取引は大阪証券取引所で「日経225オプション」「日経300オプション」として、TOPIXは東京証券取引所で「TOPIXオプション」として取引されています。