プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


商品先物投資心得帳
商品先物用語集
商品先物取引では、一般的にはあまり使われない用語が数多くあります。取引を行なう上でわからない用語があったままでは、収益機会の損失につながります。疑問を感じたら、まずはこちらの用語集で意味を調べましょう。

| アルファベット | あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 |

◆裁定取引 (さいていとりひき)
市場間の価格差などを利用して売買を組み合わせる取引のこと。

◆指値注文
売買注文を発注する際、予め約定する価格を指定する取引のこと。

◆指値引成注文
ザラバ中は指値注文ですが、大引けまでに一部又は全部が約定していなかった場合、大引時には成行注文として扱われます。

◆鞘 (さや)
売値と買値の開きのこと。銘柄間、限月間の値段の開きのこと。

◆鞘取り (さやとり)
買値と売値の開きを利用して、その間の差益を取る取手法。

◆ザラバ
複数約定決済取引のこと。競争売買によって値段を決定する方法の一つ。価格優先>時間優先の原則。

◆仕切り (しきり)
反対売買をすることによって、売買を終了させること。

◆純資産規制比率
純資産額を省令で定めた商品先物市場における価格変動額によるリスク額割った数値のこと。140%を下回った会社は主務大臣に届け出ねばならない。120%を下回らないようにする義務がある。

◆証拠金
取引を行なうにあたって商品先物会社へ担保として預託する金銭のこと。本証拠金、追証拠金、定時増証拠金、臨時増証拠金がある。

◆ショート
売りのこと。

◆新甫 (しんぽ)
納会後、新たに取引対象として追加させる限月のこと。

◆ストップ高
値幅制限いっぱいの高値のこと。

◆ストップ安
値幅制限いっぱいの安値のこと。

◆ストップロスオーダー
損切り注文のこと。

◆スプレッド (spread)
同銘柄異限月間の鞘取りのこと。

◆制限値幅
取引所が定めた一日に変動する限度の高値と安値のこと。

◆前場
午前中に行なわれる立会いのこと。

◆損切り (ぜんば)
損失を覚悟で反対売買を行うこと。

◆指成 (さしなり)
ザラバで全数または一部が約定しなかった場合、引けの段階において自動的に引成注文に変更する注文方法のこと。