プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


外国為替証拠金取引とは
「Foreign EXchange」の頭文字をとって、FXとも呼ばれる「外国為替証拠金取引」。
外国為替証拠金取引と聞くと、なんだか難しいもののように思われるかもしれません。では、あなたが海外旅行に行くときのことを思い浮かべてみてください。銀行や空港で、日本円をドルやユーロに両替しますよね。これが外国為替取引です。

証拠金取引とは、実際に取引する金額の一部を担保として預けて行う取引で、この仕組みを利用することで自分が保有していない通貨の売買や、証拠金の数倍から数十倍もの額を取引することができます。

外国為替が取引されるのは『外国為替市場』ですが、株式を売買する証券取引所とは異なり、一部を除いて物理的に存在する場所ではありません。主に銀行などの金融機関や為替ブローカー、企業などが電話やインターネットを使って互いに売りたい価格と買いたい価格を提示する『相対取引』を行っています。
つまり、土日やクリスマスなどの世界的な休日を除いて24時間取引が行われているため、日中忙しくて取引ができない人でも、時間のあるときに市場をチェックしたり注文を出したりすることができます。

また、FXの大きな特徴のひとつに「スワップポイント」があります。
スワップポイントとは、ある通貨を買った際にその通貨を現物として保有していれば得られる利子と、売った通貨を借りた場合に支払わなければならない利子の差を調整するものです。つまり、低金利通貨(主に円)を売って高金利通貨(主に英ポンド、ユーロ、豪ドルなど)を買った場合には受け取ることができ、反対に高金利通貨を売って低金利通貨を買った場合には支払うことになります。