プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


マネー > 外国為替 > くりっく365とは

くりっく365とは
くりっく365とは、東京金融取引所が行っている外国為替証拠金取引です。くりっく365では、取り扱いの業者から東京金融取引所に対して注文をする形となるので、取引の相手は東京金融取引所になります。

インターバンクと同等の価格、狭いスプレッド幅での取引ができ、スワップポイントも売りと買いで同額のため、より有利に取引をすることができます。
また、昨今問題となっているFXで得た所得の税金も、申告分離課税として一律20%でよく、他の業者では雑所得として最高50%が課税されますから、税制面でも優遇されています。
さらに、取扱業者が破綻しても、取引相手は東京金融取引所ですから、持っていたポジションは東京金融取引所で保持されます。また、そもそもくりっく365を取り扱うには金融商品取引法の業者登録基準に加えて純資産が30億円以上でなくてはならないため、破綻の可能性は低いといえます。

しかし、くりっく365にもデメリットがないわけではありません。店頭取引業者はスワップポイントやスプレッドの差額で利益を得ることができるため手数料が無料の場合もありますが、くりっく365では、必ず売買手数料がかかります。
また、取り扱い業者が限られていることや取り扱い通貨の数も少なく、レバレッジも最高30倍程度までなので、大きな取引をしたい場合には相応の元手が必要になるため、自分の投資方針にあった業者を選びましょう。

  くりっく365 店頭取引業者
取引価格 最も顧客に有利な売買価格で取引。
スプレッドが狭い。
業者が提示する売買価格での取引。
スプレッドがやや広い。
スワップ
ポイント
同一通貨の建玉では受取、支払ともに同額 一般的に受取は少なく、支払は多くなる(差額は業者等の収益となる)
手数料 1万通貨単位あたり210円〜1000円程度 1万通貨単位あたり無料〜1000円程度
税金 雑所得に区分(申分離課税方式が適用され、税率は一律20%)。
株式先物・商品先物等との損益通算や損失の翌年度以降への繰越を行うことができる。
雑所得に区分(総合課税方式が適用され、税率は所得により異なるが最高税率は50%)。
株式先物・商品先物等との損益通算や損失の翌年度以降への繰越は行うことができない。
取扱業者 金融商品取引法と取引所の基準の両方を満たし、取引所からくりっく365の取引資格を取得した業者のみ取扱ができる。 金融商品取引法の基準を満たし、金融庁(財務局を含む)に登録した業者。なお、外国為替証拠金取引を行うにあたっては、業者登録が義務付けられている。
取引の
相手方
取引所が取引の相手方。
万一、業者が破綻しても、取引所取引で保有しているポジションについては、未決済の利益を確定すること、他の業者にポジションを移管することが可能。
業者が取引の相手方。
万一、業者が破綻した場合、取引の相手方がいなくなるため、未決済の利益については確定できない可能性がある。
証拠金
の保証
金融商品取引法及び取引所規則に基づき、業者は証拠金の全額を取引所に預託する義務がある。
預託された証拠金は取引所により分別保管される。
万一、業者が破綻した場合でも、取引所に預託された証拠金は原則として全額返却される。
金融商品取引法では、業者における証拠金等の管理方法(区分預託義務及び預託方法等)を定めている。
業者により証拠金等の預託方法等取り扱いが異なるので、万一、業者が破綻した場合における証拠金等の保全について各業者への確認が必要。