プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


レバレッジ規制について
2010年8月からFX取引のレバレッジ規制が開始されました。これまでは「少額の資金で大きな取引ができる」ことが大きなセールスポイントだったFXですが、100倍、200倍、時には600倍もの高レバレッジの取引にまつわるリスクが問題となり、規制が始まりました。
とはいっても、今回の規制は最大50倍まで。2011年8月からは最大25倍以下と、さらに厳しい規制が実施されることになります。

しかし、今回の規制はレバレッジだけではありません。一日の終わりに有効証拠金が取引証拠金を下回っている場合には追証が発生することになります。追証を差し入れることができなければポジションを清算するか、一定期間内に追証を差し入れることも清算もしなければ強制決済されることになります。

この規制で、これまで100倍などの高レバレッジで取引していた投資家が同じだけのポジションを持つためにはより多くの証拠金が必要となります。証拠金を増やせないのであればレバレッジを下げなくてはなりませんが、それでは資金効率やリスク分散に支障が出ることもあるでしょう。
そこで、これまで高レバレッジによる差別化が進んでいたFX業者のサービスは「取引単位を下げる」「より狭いスプレッドを提供する」などの方向にシフトしていくことが考えられます。また、この機会に税制優遇が受けられるくりっく365や大証FXにシフトする投資家も出てくるのではないでしょうか。これまで以上に、FX会社の選択には慎重になりたいですね。