プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


メニューリスト

悪徳業者にご用心!
2010年6月18日の改正貸金業法の完全施行によって、いままで消費者金融でお金を借りていた人は年収の1/3以上の借り入れができなくなりました。しかし、これは財務局や都道府県に登録している、合法の登録業者に対するもの。無登録で貸金業を営む違法業者(ヤミ金融)は、当然のことながら法令を守りません。中には、登録業者であっても違法な貸付を行う悪徳業者もあります。いままでの消費者金融でお金を借りられなくなった、ということはすでに多重債務の状態。これも十分危険ですが、だからといってヤミ金にお金を借りるのは本当の破滅への第一歩です。

悪徳業者は、お金を借りたいのに借りられない多重債務者をターゲットに、「必ず貸します」「低金利で貸します」などの言葉で誘惑してきます。15%、18%などの金利で借金していれば、「1%の低金利で貸します」といわれたら飛びつきたくなるのも無理はありません。けれども、冷静に考えてください。もし、あなたが貸す側の人間だったら、すでに多額の借金を返すのに四苦八苦している人に無審査・無担保・低金利でお金を貸すでしょうか?無担保・保証人なしのキャッシング金利を高く設定するのは、元金が戻ってこなくなるリスクを減らすためです。そう考えれば、悪徳業者の勧誘文句がいかに不自然か、わかるはずです。

他にも、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」という名目で、購入させた商品を買い叩く「買取屋」、「うちでは貸せないが、貸せる業者を紹介する」などの名目で高額な紹介料を騙し取る詐欺の「紹介屋」、「多重債務の整理をする」名目で手数料を騙し取る詐欺の「整理屋」など、債務者の弱みにつけこんだ悪徳業者はさまざまです。

これから、消費者金融で借り入れができない多重債務者を狙った悪徳業者が増えるかもしれません。悪徳業者かも?と思ったら、まずは登録番号を確認し、日本貸金業協会に問い合わせましょう。また、悪徳業者は名簿を共有していることがあります。不用意に住所や銀行口座などの情報を与えないよう注意してください。

参考:日本貸金業協会 悪質業者の被害にあわないために