プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


CFDとは
CFDとは「Contract for Difference」の略で、差金決済取引という意味です。簡単に言えばFXとよく似た仕組みで、証拠金を使ってレバレッジをかけた取引ができます。
しかし、各国の通貨だけを取引するFXとは違い、CFDでは日本国内はもちろん海外株式の個別銘柄、日経225などの株価指数、金や原油などの商品、債権など今まで取引できなかったものに投資できるようになるのです。

FX同様24時間取引ができ、証拠金を使うので資金効率が高く、売りからスタートできることも特徴です。先物取引と違って限月がなく、また万一大きな損失が出た場合には強制的にロスカットされ、追証がありません。

また、FXのスワップ金利に似たもので「オーバーナイト金利」と呼ばれるものがあります。金利差に関係なく、どんな商品の取引でも買いポジションのときに金利を支払い、売りポジションのとき金利を受け取ることができます。オーバーナイト金利は、支払いの場合その国の政策金利+3%、受け取りの場合政策金利−3%を日割りにしたもので、たとえば政策金利が5%の国の株を買った場合には8%を支払い、売った場合には2%を受け取れるようになっています。オーバーナイト金利はNYクローズ(現地時間17時)以降にポジションを持ち越した場合に発生することにも注意しましょう。

CFDを取り扱っている証券会社はまだまだ少ないので、各証券会社の条件をよく調べ、取扱商品などを比較してから始めるようにしましょう。