プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


投資の基礎用語
投資では、一般的にはあまり使われない用語が数多くあります。取引を行なう上でわからない用語があったままでは、収益機会の損失につながります。疑問を感じたら、まずはこちらの用語集で意味を調べましょう。

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 |

あ行

IPO
Initial Public Offeringの略で、企業の株式が初めて株式市場で売り出されることをいい、別名、新規公開ともいいます。通常、新規公開企業はIPOに合わせて新たに株式を発行(これを増資といいます)するため、巨額の資金を得ることが可能となります。投資家がIPO株を購入するときの価格を公募価格といいますが、最近では、上場後に最初に付く値段(これを初値といいます)が公募価格を上回るケースが相次ぐなど、IPO銘柄は投資家の高い注目を集めています。

MMF・外貨建てMMF
MMFとは「マネー・マネジメント・ファンド」の略で、公社債等の短期金融商品を中心として運用する投資信託をこう呼びます。特徴として毎日決算、分配をし、原則としていつでも換金できることが挙げらます。投資信託のなかでは、比較的安全かつ収益性が高い商品といえます。
一方、外貨建てMMFは、外貨建ての公社債などに外貨で投資します。仕組みは通常のMMFと同じですが、外貨建てのほうは「マネー・マーケット・ファンド」の略です。なお、いつでも換金できるという点では外貨預金と変わりありませんが、外貨MMFは外貨預金に比べ、為替レートの差(この差をスプレッドといいます)が小さく、高金利で為替差益は非課税といった特徴があります。

MRF
「マネー・リザーブ・ファンド」のことで、株式には一切投資せず、高格付の公社債ほか、譲渡性預金(CD)やコマーシャル・ペーパー(CP)などの短期金融商品で運用されます。購入単位は1円以上1円単位で、購入後いつでも手数料なしで換金できます。運用実績によって利回りが変動する実績配当型で、収益分配金を毎日計算して月末に一括して再投資するため、1ヵ月複利効果が得られる仕組みになっています。 投資信託の一種ですが、MRFは97年に解禁された証券総合口座の専用ファンドとして導入されたもので、MRFはいわば「銀行口座の証券版」ともいえます。