プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


投資の基礎用語
投資では、一般的にはあまり使われない用語が数多くあります。取引を行なう上でわからない用語があったままでは、収益機会の損失につながります。疑問を感じたら、まずはこちらの用語集で意味を調べましょう。

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 |

さ行

信用取引
証券会社から資金や株券を借りて行う取引のことをいいます。株の売買に必要な金額に対して、一定比率の担保(委託保証金)を預けることで、預けた金額の3倍程度の売買が可能となります。小額の資金で大きな売買をすることが可能ですが、初心者にはリスクが高い取引といえます。
通常、信用取引は6ヵ月以内に取引を終了させる必要がありますが、なかには期限を無期限としている証券会社もあります。売買の損失が元金の範囲におよぶと、さらに担保を追加する必要があり、これを追い証といいます。なお、信用取引はすべての銘柄を対象に行えるわけではありません。東証一部上場銘柄はほぼすべての銘柄で信用取引が可能ですが、証券取引所や証券会社の規制によりできない銘柄もあり注意が必要です。

先物取引・オプション取引
あらかじめ決められた清算時点において、あらかじめ決めておいた価格で有価証券または商品(これを原資産といいます)を受け渡す取引を先物取引といい、この現物を売り付ける権利または買い付ける権利を売買するとりひきをオプション取引といいます。 代表的なものに、日経225先物取引、日経225オプション取引があり、両者はいずれも大阪証券取引所で取引される日経平均株価という株式指数を対象とした取引です。なお、個別の株券を対象にしたオプション取引は株券オプション取引といいます。

JASDAQ市場(店頭市場)
JASDAQ(ジャスダック)は中小企業・中堅企業・ベンチャー企業に力をいれている店頭株式市場です。日本証券業協会が運営管理しています。

証券取引所
株式等が集中的に売り買いされる専門の場所です。日本では東京や大阪など全国に5カ所あり、そこでは、一定の資格を持った「証券会社」を通じて株式等が売買されています。 取引所で売買されている株式等は、その証券取引所に上場されているものだけとなります。上場をするためには、証券取引所の承認が必要で、その承認基準は、市場によって異なります。

新株予約権付社債(旧:転換社債)(CB)
一定の条件で発行会社の株式に転換できる社債をいいます。 社債として発行され、一定期間中はいつでも発行時に決められた値段(これを転換価格といいます)で株式に転換できます。 なお、一定の利息が支払われ、償還時には額面で戻ってくるため、額面以下で購入していれば償還まで社債として所有すれば確定利付きの商品となり、株価が転換価格を上回れば、株式に転換してキャピタルゲインが狙えるというメリットがあります。