プレイヤーズライフ

マネー 投資・融資のことならおまかせ!


ミニ株と少額投資を比べてみよう
ミニ株とは株式ミニ投資のことで、通常の売買単位(単元)の10分の1で株式取引ができるサービスのことです。 ふつう、株式の1単元といえば1000株や100株といったケースが多く、売買単位1000株の株式で株価が1000円だとすると、この株式の購入には100万円が必要になります。これが株式ミニ投資の場合、売買単位1000株の株式なら100株から取引ができることになり、同じ株価のとき10万円から取引ができます。
ミニ株は各証券会社が独自に扱っている商品なので、取り扱いのある証券会社・対象銘柄には差があるので、買いたい銘柄を取り扱っているか、手数料はいくらか、口座管理料がかかるかなど証券会社選びがとても重要です。また、翌日の始値で取引されるので指値注文ができない、株主優待などの特典を受けられない、手数料が割高になりがちなどのデメリットがありますが、そのかわり、メジャーな大企業の銘柄などを気軽に購入できるというメリットがあります。

少額投資とは少額の資金で投資を行うことで、1単元の価格が低い銘柄を選んで投資することです。自分の予算以外に制約がないので、銘柄や証券会社選びの自由度はミニ株よりかなり高いといえます。また、約定代金と証券会社によっては手数料無料で取引できる、高度な注文機能が利用できる、リアルタイムに取引できる、株主優待などの特典が受けられるなどのメリットがあります。

ミニ株も少額投資も、分散投資がしやすくリスクが低いので初心者にオススメです。
とはいえそれぞれにメリット・デメリットがありますから、投資の目的やスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

資金を10万円とした場合のミニ株と少額投資の比較
  ミニ株 少額投資
購入できる銘柄 1単元あたりの価格が100万円
以下で、ミニ株対象の銘柄
1単元あたりの価格が10万円以下の銘柄
取り扱い証券
会社・銘柄数
10数社・約100〜約2400銘柄 すべての証券会社・上場されている銘柄すべて
指値注文 不可 可能
手数料 500〜1,000円程度 無料〜1,000円程度
株主優待 なし あり